SSブログ

絶品の野鴨鍋 --浜よし:神田-- [お店]

神田駅周辺を歩いていると、こんな風景の一画が
あります。ご存知の方も居られるでしょう。

お店の周りに吊るされた沢山の鴨。
作り物だと思って近づいて「ギョッ」としている方も
時々見かけます。

以前、何だろう?と思って調べたら、
鴨料理で名高い料理屋さんだという事で、
一度行ってみたいなと思っていたのですが、
今回、友人達との新年会で訪れて来ました。

季節料理 浜よし

神田駅近くのお店は、意外と中が小さく16席程度。奥様がにこやかに気を配って迎えてくれます。
鴨の時期は、これお目当てのお客さんが多く、食べる直前に捌くので時間がかかるので
毎日4組程度、入れ替え無しでしかお客さんを採らないのだそうです。
友人達も全員揃って、お酒を頂きながら、
先ずは、豪華な刺し盛りで一杯。
アワビ、ハマチ、帆立、マグロ、鯛、烏賊など
が量もたっぷり盛られています。
身が締まっており鮮度も抜群です。
驚いたのは、付け合せの茗荷まで気が配られ
香りの高い質の良いものであること。
刺身をつける出汁醤油といい、鍋用の橙といい
お見事と言うほか有りません。

そして、待望の鴨。
青首の狩猟で採った鴨だそうです。

食べる前に見せてくださるパフォーマンスも嬉しいですね。
場がわあっと盛り上がります。

捌く間、刺身とお酒で楽しみましょう。
こちらのお店は、きっちり手間をかけて出してくださるので
時間がかかりますが、あの鴨を見てしまうと
その待つ時間も楽しみの一つですね。


先ずは、スープは、鴨のガラと野鳩の丸で取ったスープ。これは、不味かろうはずがありません。
鴨も捌かれて来ました野鴨特有の濃い赤。砂肝、ハツ、レバーなども添えられています。


籠に山盛りのキノコを投入。これでキノコからも旨味が出るのだそうです。
そして、豆腐などを加えて鴨を投入。その上から春菊、ネギ、菜の花などがこれまたたっぷり。
白菜は、甘みが出すぎるのでほんの少ししか入れないのだとか。

出来あがり取り分けていただいた鴨鍋。
一口頂いて、絶句。美味過ぎる。
今まで頂いた中で最高の鴨鍋です。
野鴨ですと鉄っぽい癖が強すぎるかと
思っていたのですが、下処理が良いのか、
全くそんな事は無く、野鴨の強い肉質と
深い旨味が見事にでています。
そして、やはり全てを纏める、
深い味のスープが素晴らしい。

「美味い」「美味い」を皆で連呼しながら、お酒と鴨鍋を楽しませていただきます。
鍋一杯の量でしたが、ほとんどからに成ってしまいました。

鍋だけでも、かなり量が有りますが、やはりここは締めのぞうすいも頂かなくては。


溶いた卵を絡めたネギ。これも工夫なのでしょうね。
そして、御飯を入れ、卵を入れて一煮立ち。ぞうすいの完成です。
これも、絶品。お腹が結構一杯なのですが、ついつい食べてしまい、またお腹に入ってしまいます。
ぞうすいもほとんど皆で食べつくして空に成ってしまいました。
これは、幸せだ。美味しい物を頂くのは嬉しいことです。ご馳走様でした。

一品、一品添えるものまで手抜きの無い品々の数々、ご主人や奥様も
さりげなく細かく気遣いしてくださりとても居心地の良いお店でした。
美味しい物をしっかり食べて飲んで、おしゃべりして、
ちょっと豪華すぎ(?)な新年会でしたがこういうのも良いですね。

鴨料理は、猟期のせいで11月15日から2月15日までの
3ヶ月間限定のようです。
4名以上でお一人様8000円からの予約のみだそうです。
(他に毛蟹などもあり。5万円とか?)

この時期は、鴨目当てのお客さんで予約で一杯の事が
多いようですので狙う方は、早めに予約を。

鴨以外の時期もどんなものを出しているのか
ちょっと覗いてみたいお店ですね。

ご一緒していただいた皆様、特に予約と調整にお骨折りいただいたIさん、
楽しい時間を過ごさせていただきありがとうございました。本年も宜しくお願いいたします。
惜しくもいらっしゃれ無かったSさん、Sさん、Dさん、またそのうちご一緒しましょう。

季節料理 浜よし
千代田区内神田2丁目10-9 村木ビル1F
TEL :03-3252-1011
土日は、基本的に休業。
鴨の時期は、要予約(4名から)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 1

コメント 2

D

お誘い頂いたのに、参加できませんで失礼しました。
レポートを拝見しつつ、ヨダレを垂らしております。
その場で捌くなら、少々遅れても参加すれば良かったですね。
もちろん合鴨は食べたことがありますが、本鴨は未体験です。
残る期間はあと1ヶ月、これは年末の楽しみにとっておいた方が良いのでしょうか?
けど行きたかったなあ・・・
by D (2008-01-13 09:57) 

真秀

D様、急なお誘いで申し訳ありませんでした。
正月休みでペースが崩れた上に、お店の予約が一杯で
空いてる日にちが少なく、急な開催に決まってしまいました。

正直、初めてのお店で、ちょっと恐る恐る(笑)だったのですが、
ここの鴨は、お勧めできます。
以前、秋田の農家の方から狩猟で獲った鴨をいただいて食べたのですが、
かなり鉄くさい風味が強く癖があったのですが、
こちらのは、そういう感じが全く有りませんでした。

一説によると「海に近いところの鴨は魚も食べるので癖が強くなり、
山の鴨は穀物だけを食べるので癖が無い。」と言うのですが
その性かもしれません。

8000円の価値は充分有ると思いますので、
今冬は厳しいかもしれませんが、
機会のあるときに4人集めて御一緒しましょう。

心残りは、取って置いていただいた(?)
「ピール漬けハチミツレモン」を受け取れなかった事。
申し訳なかったです。
(今確認したら、冬用のHOTが出ているとか。)

また、そのうちに一杯ご一緒しましょう。
by 真秀 (2008-01-13 11:41) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

甘えび塩辛国吉豆腐の「ゆし豆腐」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。